• 任意売却の注意点とは

    住宅ローンの返済を滞納してしまうと、分割返済の権利を失うことになります。

    その結果、残債を一括で支払うことを要求する書面が届きます。
    当然ながらそのような返済は不可能なので、やがて住宅は差し押さえされて競売にかけられることになるわけです。競売は一般の売却とは異なり、周辺相場と比べると相当安い金額で処分されてしまいます。

    任意売却を理解するには正しい知識が必要です。

    その結果、残債は借金として残り大きな負担となります。


    そのような事態になる前に、任意売却を行うことで自宅を処分することができます。
    通常の売却では住宅ローンの残債は全て返済しなければ、物件の所有権を移転することができません。
    債権者が物件にかけた抵当権を抹消してくれないからです。けれども任意売却であれば、たとえ売却後に残債が残るとしても抵当権を外すことができます。
    その代わりにローンの残債は分割返済することになります。

    そのような交渉は任意売却を手がける仲介業者が代行して行ってくれます。


    また売却後の引っ越し費用なども現金として確保できるようになりますし、生活の再建をすることが可能となるわけです。ただし任意売却で注意しなければいけないのは、仲介業者は必ず債権者が認めるところでなければいけないということです。

    債権者に相談することなく、勝手に処分することはできないというわけです。



    また、住宅ローンを滞納してしまったならば、早めに任意売却を検討することも大事です。



    競売までの期間は決まっているので、売却活動の期間を確保する必要があるからです。

  • 不動産の事柄

    • 住宅ローンを組んで住宅を購入したもののローンの支払いができず住宅を手放さなければならない状況になった場合誰しも少しでも高額で住宅を売却しローン残額を減らしたいと思うのは当然です。しかし方法を知っているのと知らないのでは売却額が大きく変わってくるのです。...

  • 不動産のみんなの常識

    • 自分の住まいを購入する際には、多くの方が住宅ローンという金融機関からの融資制度を利用するケースが大半になっています。これは、毎月一定額を返済していくものですが、返済が滞ってしまうと、強制的な措置を受けて、不動産の差し押さえを受けてしまうことがあります。...

  • 不動産の実態

    • 任意売却とは、住宅ローンの返済が滞った時に行う自宅処分の方法です。一般の売却と異なるのは、ローンの残債が残っても抵当権を外してもらえることです。...

  • 不動産入門

    • 債務の弁済が困難になったときに、対象の債務が住宅ローンであれば、任意売却によって弁済に必要なお金を賄うことができることがあります。もし、任意売却をするのであれば、まずは相談をする任売専門業者を選ぶことからはじめましょう。...